TACHNOの読書ノート

苦悩や苦しみにどのような態度で臨むかのヒントを与えてくれる本を紹介するブログです。

タグ:スタンフォードのストレスを力に変える教科書

 今回は、本書のもう一つのテーマであるマインドセットに関する部分について書きます。本書のIntroductionに、冒頭にふさわしい分かりやすい例が紹介されています。

9780091955267


 スタンフォード大学で”どうやって主観的なマインドセットに変化を与えられるのか”を研究テーマにしているアリア・クラム准教授(assistant professor 写真の方)の研究です。

 IMG_0319

ハウスキーパー(掃除夫)という仕事は、だいたい1時間に300キロカロリー、1時間に5キロ以上歩く時と同じカロリー量を消費する大変なお仕事です。しかしハウスキーパーたち自身は、自分たちが日々そのような運動をしているとは意識しておらず、体型も健康状態もさほど良好とはいえない状態だったようです。クラム先生は、彼らの日々の仕事は、実は大変に健康によい運動でもあること、専門家が要求する運動量を十二分に満たしていること、よって何らかの健康上の利点が必ず享受できるであろうことなどを、15分間のプレゼンテーションと、ポスターにより周知しました。

4週間後、ハウスキーパーたちは、体重と脂肪量の減少、血圧の低下、また仕事をより好きになっていました。主観的な認知内容は、出来事や物事に対する捉え方を変えるだけでなく、身体にも顕著に影響を与えるという点がこの研究のおもしろいところです。

The effect you expect is the effect you get. (期待する効果こそが、手に入れられる効果なのだ。)

NHKの番組「奇跡のレッスン 世界の最強コーチと子供たち」という番組で、元NBA選手のマグジー・ボーグス氏が、日本人の中学生にマインドセットが大事なんだ、と毎日繰り返し言い続けていました。失敗を恐れないこと、楽しんでやること、などのバスケットをするうえで大切なマインドセットが子供たちに浸透していくにしたがって、声が出て体も動くようになっていくのです。アメリカ文化では、すでにこのマインドセットという言葉が一般化し、その効果がある程度認知されているのかな、と思いました。

物事や出来事をどのように主観的に捉えるか、これは苦悩や悲しみに接する人にとっても大切なことだと思います。つきつめれば、死や老いというものに対してもどのようなマインドセットを持つかということが重要になってくるのではないでしょうか。

本書では、老いを、賢さ、経験の豊かさなど肯定的に捉えているグループと、悲観的に忌むべきものとしてとらえているグループの長期観察の事例が紹介されています。Baltimore Longitudinal Study of Aging 研究所は、18歳から49歳までの人を、38年間にわたって追跡調査をしたところ、肯定的グループは、寿命が8年、心筋梗塞の割合が80%低く、病気や事故からの回復が早かったとのことです。

何をどのように捉えるのか、宗教的な問いでもありますが、その人がもっている世界観、すなわち個々の出来事へのマインドセットの方向性を決める価値観のようなものは、日々意識してより良いものにしていく必要があるのかなと思います。


 

日本語訳では『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』というタイトルになっています。


51VbGJafyVL



彼女の前作『The Will Power Instinct』に続いてkindleで原著を読んでます。分かりやすい英語なので、さほどの英語力がなくてもスラスラ読めると思います。

いくつもの興味深い実験調査や社会活動の実例をあげ、
 ストレスや苦難、苦しみが人間を成長させてくれることを実証していきます。前半のマインドセットの効果も興味深いですが、苦難が人にいわゆるレジリエンスや思慮深さ、強さをもたらしてくれるとの議論に私は最も関心を持ちました。こうした議論はヴィクトール・フランクルが言うところの「ホモパティエンス」、つまり苦悩に際し、どのような態度をもってそれを受け入れるかによって、人間は大いに自分を超越させていくことができる、という議論と共通しています。

バッファロー大学の心理学者が2010年に行った調査では、病気、友人や愛する人の死、経済的困窮、離婚、家庭不和、隣人トラブル、性的なものを含む暴力の被害、家事や洪水などの災害のサバイバーなどのストレスフルな出来事を経験した人を4年間追跡調査し、その結果、何も経験しなかった人に比べて彼らはうつ病のリスクが低く、身体的にも健康で、人生にも満足している人が多かったという、予想とは逆の結果が報告されています。

決して不幸な出来事自体は歓迎するべきものではないですが、苦悩すること、衝撃的ともいえる悲しくつらい経験は、人にresilienceや成長をもたらす契機でもあるということです。どんな苦悩の中でも、そこで自分がどういう態度でその苦しみに臨むのか、その点についての自由は常に人間に実は残されていることが強調されています。この心理学者はこう述べています。

Given that it's happened, does it mean your life is ruined? People are not doomed to be damanged by adversity.

困難によって人間は必ずしも傷つくとはいえないのだ、と。

フランクルが強制収容所で経験したことには及ばないでしょうが、身近にも大変につらい思いをしたことがある人がいます。こうした人々は、確かに私の経験上、度量が広く小さなことにイライラせず寛容な人が多いように思います。苦しみは決して厭うべきものではなく、どういう態度でそれに臨むかのか、フランクルに沿って言えば、自分が人生から与えられた質問に答えを出す良い機会なのかもしれません。

しかしできればあのような苦しみは二度と味わいたくない、私はいつもつらかった時のことを思い出す度にこう思っているので、いつまでもたっても自分を超越することなど叶わない人生です。

 

↑このページのトップヘ